らいふはっくPonPon

『PonPonブログ』の筆者Ponzulerが、翻訳・英語学習・資格試験やその他トレンドについて語るブログ。

嵐を旅する展覧会、大阪会場での推し別楽しむコツ&あったらいい持ち物を紹介!

f:id:Egg_Ponzuler:20200113231157j:plain
2020年1月5日(日)、ARASHI EXHIBITION “JOURNEY”嵐を旅する展覧会@大阪会場に行ってきました!
そこで、これからこの嵐の展覧会@大阪会場に行く人のために、展覧会を5倍楽しむ方法・推し別キュン死できる方法・グッズの一部・会場への行き方などを紹介します。

嵐の展覧会を5倍楽しむために持っていくべきもの3選

双眼鏡

詳しく説明するとネタバレになってしまうので言いませんが、
とりあえず暗めのところで高いところにあるものを読む機会があり、私は肉眼では上の方が見えなくて残念でした。
双眼鏡を持ってきている人はそこそこいました。

おすすめ双眼鏡は、こちら↓
OLLplus+

筆者は、嵐のコンサート初の参戦時、京セラドーム内で同じものを買いました。

メモと筆記用具

会場内は、最後の巨大パネルとジオラマ以外、撮影禁止です。
そのため、各メンバーの言葉などが壁やボードに書いてあるのを残しておきたい場合、メモで控える必要があります!
実際、会場内では必死にメモをとっている人がいました。

クレジットまたはデビットカード、または多めのお金

会場に入るときに、グッズのパンフレットをもらえます。
隅々まで見て、「これ欲しい!」「これも欲しい!!」と
なっても、お金が足りなかったら買えずに泣く泣く帰ることになります。
お金は多めに持参、またはキャッシュレスの時代ですからカードを持ち歩いていれば、手持ちを気にせず爆買いできますね(^^)b
www.ponzuler.work

嵐の展覧会「最初の部屋」での推し別ベスト立ち位置

あまり詳しくは言えませんが、嵐の展覧会は実はただの展覧会ではありません!
順路も比較的序盤のところで、とある部屋に入ります。通称、「最初の部屋」です。(行った人がTwitterではそう呼んでいる。)
この「最初の部屋」に入ってあるものを見るのですが、部屋のどの辺りに立つべきかが推しによって異なります。今回は、推し別ベスト立ち位置をお伝えします!(大阪会場の話です!)

櫻井翔

入って正面の壁前

二宮和也

入って左手の壁前

松本潤

入ってきたドアのある面の前

相葉雅紀

入って右手の壁前(左側寄り)

大野智

入って右手の壁前(右側寄り)

この立ち位置さえ守れば、無事あなた方はキュン死できます。
(私は、1人で行ったし事前情報がなかったので、死ねませんでした。)

嵐の展覧会のグッズ紹介

全てのグッズをここで紹介するのは、ネタバレすぎて良くないかもしれないので、私が購入したグッズだけを紹介することにします!
以下の4点です!
f:id:Egg_Ponzuler:20200113225319j:plain

・コンパクト型ミラー
f:id:Egg_Ponzuler:20200113225357j:plain
下の面が大きく映り、上の面が普通に映るタイプのものです。
中国で流行りだし、日本でも普及しているようです。
・マグネット(全員)
・マグネット(翔)
・座る嵐(嵐のメンバーそれぞれが、コップのフチ子さん化したもの)
f:id:Egg_Ponzuler:20200113231811p:plain

嵐の展覧会、大阪会場の場所とは?

大阪会場の場所は、大阪文化館・天保山です。

大阪メトロ中央線「大阪港」駅の1番出口階段を降り、直進した後最初の信号をセブンイレブン側に渡ったら左折します。
なんとなく人通りが少ない道に入った気がしますが、それで合っています。
なにしろ、左折せずに直進したら海遊館です。大阪港駅で降りる人の多くは海遊館へ行くので、なんとなく周りと違うルートに進んでいる気になるのも無理はありません。

さて、左折して直進すれば、目の前に大阪文化館・天保山が見えます。
車に気を付けて、文化館側の歩道に渡れば、右手に少し進んだらある階段を上ります。入り口は、左手にあります。

嵐の展覧会、チケット転売は不可能でしょ!

f:id:Egg_Ponzuler:20200113231157j:plain
嵐のコンサートでは、チケット転売が問題になります。
しかし、今回の嵐の展覧会、チケット転売は不可能だと思われます。
なぜなら、本人確認が厳しいからです!!

記名されたデジタルチケット(QRコード)の画面には、グラデーションで動く○があるため画像をとっても無駄ですし、ファンクラブ会員証・顔写真付きの身分証明書を提示する必要があります。顔を他人になりすまさない限り、無理です。

ネタバレしすぎないように、この辺にしておきます!
それでは、嵐の展覧会をお楽しみください^^