らいふはっくPonPon

PonPonブログの筆者Ponzulerが、失敗経験やもどかしさから学んだライフハックをお伝えするブログ。

知っておきたい!英検面接での常識と小ネタ

f:id:Egg_Ponzuler:20191027164951j:plain
小学生から社会人と幅広い世代が受験している「英検」。小学6年生で準1級に合格した子もいるそうで、ビックリしました!今日は、英検の面接を受ける上で、事前に知っておくべきことと、気を付けるべきことを紹介します!

常識編

①ノック&May I come in?

これは、学校からやるように言われている人が多いんですかね?
入室時に、ドアを2回ノック→"May I come in?"と言う→ドアを開けて入るという流れをやっている人がほとんどです。
こういうちょっとした礼儀的なことをすることで、面接の評価項目であるAttitudeの点を稼げるんだと思います。

ちなみに、筆者はやったことないですwそれでも、準2級・2級・準1級と落ちたことはありません。

②朝は"Good morning!"

ある面接のとき、ドアを開けて中に入り、第一声元気よく"Hello^^"と挨拶したら、面接官"Good morning!"と訂正するかのように返されました。なんだか恥ずかしかったです。
その面接試験は午前中だったので、常識的に考えて「朝」の挨拶として"Good morning."を使うべきでした^^;
これが午後なら、"Hello."でよかったんでしょうけれども・・・。

小ネタ編

勉強疲れを溜めない

高1のとき、英検の面接前日に過労で倒れました!と、いうのも部活の演奏会と英検の面接が同じ日に重なっていて、その日まで練習と勉強で忙しかったからだと考えられます。
その日は病院で点滴をしましたが、次の面接の日も、お腹の調子がよくなく寒気がしていました。テスト対策は大事ですが、体調第一でがんばりましょう!

まとめ

英検の面接での常識&小ネタは、以下の通りです!
・入室時は、ドアをノック&"May I come in?"と言う方がAttitudeの評価が良くなる(カモ)
・朝の挨拶は"Good morning."
・勉強疲れを溜めない
それでは、今後英検の1次試験に合格された方は、2次試験の面接までに参考にしてください!